小栗旬『信長協奏曲』最終回に批判殺到!

脇役に柴咲コウ、向井理、山田孝之、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔……と、主役級のキャストをそろえた月9ドラマ『信長協奏曲』は、最終回で同作最低の10.7%を記録した。
主演の小栗旬が織田信長を演じて話題になったが、原作コミックファンからは、「原作レイプ」「主人公もヒロインも、原作と別人」「原作者に謝れ」との声がやまなかった。

また、来年12月公開予定の映画版へつなげるためか、なんとも煮え切らない展開で終了。
中途半端な最終回に、ネット上では「最低な終わり方」「続きは1年後って、あほか!」「映画で一儲けすることしか考えてない。視聴者を舐めてる」などと、視聴者から怒りを買っている。

あら…10・7%ですか…。
とりあえず二桁行ったんだからいんじゃね?(笑)

原作ファンは原作通りにしてほしかったんでしょうね…。
気持ちはわかる。
じゃ、見なきゃいいのに(笑)
でも見たいんだよね!
そこを越えると、見なくても全然OKになってくるんだけどね(笑)
私は「きょうは会社休みます」を見なくて良かったと思ってる(笑)
見てたら私も超〜文句の嵐だと思うから。

私は昨日も書いたけど、これはこれでアリだと思う。
長政くんとのシーンなんて、ほんと良かったし、あの終わりへの持って行き方だって映画になるという前提でドラマを作ってるんだからOKでしょ。
今回の信長協奏曲も視聴率的には今一つだったけど、映画では化けるかもしれないからね、海猿みたいに(笑)
12月が楽しみです。

さて、1月期からのドラマで注目しているのがウロボロス!
原作を読んでいないが、私が嵌まったサンクチュアリに何となく似てるんだよね。
だから注目してる!っていうのもあるんだけど、ただいま原作を読もうか読まないか悩み中(笑)

原作を読んだ上で両方を比べるのも面白いかな〜とも思ってる。

ちなみにこれから2回目の進撃の巨人展!
2回も行く予定なかったんだけど、友達が着いてきてくれというから仕方なく行きます(笑)

TCKのCMを見て、ひさしぶりにドキッとしたー!
そんな目で私を見ないで〜的な(笑)
↑見てないよな(笑)
image